風聞見空

家族の絆を深める 五節句

【 風聞見空について 】

自然と上手につきあい、家族の絆を深めるための知恵が五節句となりました

五節句の由来

日本ほど四季の彩りが鮮明な国はありません。
日本人は時には自然を愛で、時には耐えながら文化を育んできました。その中で生まれた知恵の一つが五節句です。
元は唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目ですが、稲作中心の日本では人々の暮らしのリズムと節句が融合して、なじみやすい行事になりました。

易の二元説では暦の中で奇数が重なる日は 「 陰 」 になるため、それを祓う目的で植物から生命力を得る行事となったと言われています。
ほとんどが奇数の重なる日が選ばれていますが、1月だけは元旦に他の行事がありますので1月7日を節句としています。
それぞれの節句には独自の意味がありますが、いずれもその季節に見合った供物を神に捧げ、のちに人々がその供物を共に飲食する点は共通しています。
「 節句 」 が 「 節供 」 とも書かれるのもこのためです。
昔の人々にとって、節句は一種の民間の神事であると同時に、祈りを共にすることで人々の絆を深める行事であり、日常の雑事を忘れて身体を休め、日頃あまり口にできない滋養のあるものを食べて鋭気を養う貴重な機会でもあったのです。

現代の五節句は家族の絆を深める機会

現代では、神事としての意味は薄れましたが、節句の祝いは、祖父母から孫までが団欒の時を持つ、貴重な機会となっています。
ひなまつりや端午の節句に代表される季節の行事に、まわりの大人たちが集まり、自分の成長を祝福してくれた記憶は、いつまでも子供の心に残ることでしょう。
そんな機会をできるだけ作り、これを何度も積み重ねていくことで、家族の絆を大切にする心が自然に育まれます。
また、節句の飾りをし、季節の料理で人々をもてなすことは、四季を味わい、楽しみながら、人と人との絆を深めるよい機会となります。

五節句

五節句の時期
1月7日 人日 (じんじつ) の節句
七草の節句
3月3日 上巳 (じょうし / じょうみ) の節句
桃の節句・ひなまつり
5月5日 端午 (たんご) の節句
菖蒲の節句
7月7日 七夕 (たなばた / しちせき) の節句
星祭
9月9日 重陽 (ちょうよう) の節句
菊の節句

ページの先頭