倉片のお人形

破魔弓

【 破魔弓について 】

魔除けのお守り ~破魔弓~

はじめてのお正月を迎える男の子の健やかな成長を願う破魔弓
「 破魔弓 」 とは、読んで字の如く 「 弓で魔を破る 」 という意味がありますが、これと関わりが深いものに室町時代から現代に伝わる 「 鳴弦の儀 」 があります。
これは弓の弦を強く弾き鳴らすことによって、魔除け (鬼除け)・邪気払いをするという意味のある儀式です。
今日の皇室においても、お子さまが誕生して七日目に 「 読書・鳴弦の儀 」 が行われています。
この他にも弓を用いた儀式として、正月にその年の年占いと厄除けで行っていた 「 弓射 (ゆみいり) 」 や家を造る際の上棟式に、屋根の上に弓と矢を北東に向けて飾る 「 鬼門除け 」 などがあります。
このように縁起物として認知されてきた弓と矢を組み合わせたものが、現代の 「 破魔弓 」 の基になっています。

破魔弓も羽子板も赤ちゃんが誕生して初めて迎える歳の暮れに贈られますが、その理由は、十二月から一月の間が十二支による暦の上で 「 丑・寅 」 にあたり、いわゆる 「 鬼門 (良くない結果が起こりやすい事柄) の時 」 なのです。
生涯続く鬼門を平穏に過ごせるようにという願いをこめて、現代のような形を作り上げました。
旧暦の新年 (立春) を平穏に迎えるために、節分に豆まきをするのも鬼門除け (鬼除け) の考え方といえます。
よって、新暦である現代では、一般的に十二月末から一月十五日位までお飾りしますが、一年を通じてお飾りいただいても良いと思われます。

倉片人形の破魔弓

倉片人形では、この他にもたくさんの種類の破魔弓をご用意しております。
初正月を迎えられる男の子に、魔除け、未来の健やかな成長、成功を願う破魔弓をぜひご検討ください。

店舗のご案内へ

ページの先頭